週刊WEBマガジン岐阜人(ぎふびと)

岐阜人(ぎふびと)は、岐阜県のチャレンジし続ける中小企業経営者を紹介する週刊WEBマガジンです。

【Vol.16】国産イグサ畳の利用促進で熊本復興に貢献!~有限会社たかぎ(不破郡垂井町)高木一東志さん~

第16回となる『岐阜人(ぎふびと)』は、本シリーズ初の西濃地方から!

今回は大垣市の隣にある垂井町で、65年以上にわたって畳の製造販売を行っている、有限会社たかぎの高木一東志(たかぎひとし)さんを訪ねました。

高木一東志さん

有限会社たかぎの工場兼ショールームは国道21号線にあります。駐車場からは「たたみ」・「ふすま」の文字が遠くからでも認識できます。

たかぎ直営店

高木さんがショールームを併設した工場を開設したのは2006年のこと。

当時は工務店経由の受注(いわゆる下請け)が7割を占めていましたが、今では一般個人からの直接受注が9割を超えているとのこと!

ショールーム内は、畳を中心とした落ち着いた和空間。来店されたお客様のお話をじっくりとお伺いすることで、スムーズな受注につなげています。

たかぎ店内

店内奥には、様々なタイプの畳製品があります。

たかぎ店内2

こんなカラフルな畳もありました!

カラフル畳

ライフスタイルの変化に伴い「和室」が減少する中、畳の需要も激減。畳業界は今後も厳しい状況が予想されます。

しかし、洋間中心のライフスタイルが中心となるとはいえ、生活空間に「落ち着いた和の要素を取り入れたい」というニーズは依然として強くあります。そんな「和の要素」づくりに最適なのが畳!

高木さんは、そのような「和空間」を求めるニーズに応えるため、様々な商品開発を進めるとともに、設備投資も含めた技術力の向上に努めています。

たかぎ畳工場

こちらの畳はわずか1.5センチ。半畳サイズで1.8kgという軽さ!

片手でも手軽に持ち運べることから、洋室で利用されるお客様が多いそうです。

極薄畳

こちらの畳は、災害発生時の避難所での利用を想定して開発された「防災畳」。

サイズは少し大きめの91cm×91cm。こちらを2枚敷くことで、大柄な男性が避難所で寝泊りする事態になっても、畳の上でぐっすり寝ることが可能となります。

避難所用畳

スポンサードリンク

 

ご存知の通り、ここ最近は日本のどこかで毎年自然災害が発生しており、高齢者を中心に、避難所生活を余儀なくされる方が大勢おられます。

避難所生活でのストレスを和らげるためには、快適な睡眠が欠かせません。そこで2014年に全国の畳業者が連携して、災害時に全国の畳店から避難所に畳を無料で届けるプロジェクト『5日で5000枚の約束』が立ち上げられます。

tataminoyakusoku.net

高木さんも開設当初から本プロジェクトに参画。運搬・搬入に楽な「防災畳」が大いに活躍していることでしょう。

自然災害として記憶に新しいのは、昨年4月に発生した熊本地震。熊本県は、畳表の原料となるイグサ(い草)の一大生産地。国産イグサの95%超が、熊本県で生産されていると言われていますが、主たる生産地である熊本県八代市も、昨年の地震で甚大な被害を受けました。

イグサ

高木さんは、国産イグサを積極活用することはもちろんのこと、毎年2回はイグサの産地熊本県に訪れています。勉強会に参加して最新情報を入手するとともに、契約農家を訪れ自らイグサの収穫作業を体験!

イグサ生産地

画像提供:有限会社たかぎ

実際にイグサの生産現場を訪問して生産者と話をし、さらにイグサの収穫も体験することで、お客様に対する説明の際にも活きているそうです。

イグサの生産は、収穫時期には午前3時に起床しての重労働。畳需要の減少と輸入品の増加もあり、この30年間でイグサ生産者は10分の1以下にまで減少しているとのこと。

「良質な畳」には国産のイグサは欠かせません。イグサ農家が今後も見通しを持って生産し続けられるようにするためにも、「国産畳」の良さを積極的に発信し、市場を切り拓いていくことが畳メーカーの使命であると、高木さんは考えています。 

時代は変わっても、日本人の生活は欠かせない「畳」。今後も、高木さんの「畳を通じた新たなライフスタイルの提案」を楽しみにしたいと思います!

↓有限会社たかぎの公式サイトはこちら!

www.tatami-takagi.jp

【Vol.15】五本指下駄『Getals(ゲタル)』で健康生活を応援!~嵯峨乃や(恵那市)大森将人さん~

第15回となる『岐阜人(ぎふびと)』は東濃地域の東部、恵那市より。今回紹介するのは、五本指下駄『Getals(ゲタル)』を開発・製造販売されている「嵯峨乃や」の大森将人(おおもりまさと)さんです。

大森将人氏

大森さんは先月(2017年7月)8日、恵那市武並町にある古民家を改修してショップ兼工房を開設されたました。今回は、ショップ開設のタイミングを見計らって、オープン直後の7月12日(金)にお伺いしました。

ゲタル直営店

こちらが五本指下駄のゲタル。五本の指を解放させるため、鼻緒が4つついているのが特徴です。

五本指下駄「ゲタル」

ゲタルを履くと5本の指を広げることによって、血行が良くなり冷え性の予防になることに加え、姿勢が良くなって内転筋が鍛えられ「履くだけダイエット」効果が期待できる、さらには外反母趾でお悩みの方は「歩くのが楽になった」との喜びの声をいただいている、とのこと。

ゲタルを履いてみた

ショップの入り口には、色とりどりの鼻緒が施されたゲタルが展示されています。

ゲタル工房入口

奥には、大森さんが日々ゲタルを製作する作業スペースが設けられています。

手前には鼻緒に加えて”木曽ねずこ”製の台が、ところ狭しと積み上げられていました。

ゲタル工房内

こちらが、色とりどりの鼻緒。鼻緒の柄やサイズを選ぶことで、男性から女性まで幅広いユーザーに対応しています。

鼻緒色々

スポンサードリンク

 

せっかくの機会ですので、ゲタルの製作風景をみせていただきました。

まずは、鼻緒の先端をヒモで結んで整えます。

ゲタル制作風景1

お次は、台に空けられた穴をキリでしっかり貫通させ・・・

ゲタル制作風景2

台の裏から4本の鼻緒をしっかりと結びつけます。

ゲタル制作風景3

同様に後ろ穴のヒモもギュッと結び付け、はみ出したヒモを切り取ってようやく完成です!

ゲタル制作風景4

製作時間は、正味20分程度。鼻緒の数が多い分、ワンセット製作するのに結構な時間がかかります。

ゲタル完成

といった感じで、一つ一つ丁寧に手づくりされている「ゲタル」。

直営店の営業時間は、今のところ午前10時~17時(水曜日定休)とのこと。「一度現物を見てみたい」という方は、ゲタル直営店まで足を運んでみてはいかがでしょう?

www.kimono-saganoya.com

【Vol.14】印刷を通じて「お客様の思い」をカタチにしたい~株式会社タカダ印刷(羽島郡岐南町)高田華子さん~

第14回となる『岐阜人(ぎふびと)』は、羽島郡岐南町で印刷業を営む株式会社タカダ印刷の代表取締役、高田華子(たかだはなこ)さんです。(株)タカダ印刷は、高田さんのおじいさんが昭和10年(1935年)に創業。戦中から戦後、さらには昭和から平成と、80年を超える歴史を紡いできました。

高田さんが自社に入社する前に携わっていた仕事は、なんとテレビ番組の制作!名古屋の制作会社に在籍し、番組制作のための企画会議や取材など忙しい日々を過ごしていたそうです。

タカダ印刷 高田華子氏

その後高田さんは、岐阜に戻りタカダ印刷に入社されますが、しばらくしてお父さんが体調を崩して入院。高田さんは家業を継ぐ決心をします。

毎日新しいアイディアを求められるテレビ界と、技術の蓄み重ねによる職人の世界である印刷業は、まったく違う世界です。高田さんは当時のことを、「何も知らない状態で印刷業に入り、はじめは”子どものお遣い”くらいのことしかできなかった。」、「代表になって2~3年は無我夢中で、何をやっていたのかまったく思い出せない。」と振り返ります。

入院から一年後にお父さんは他界され、高田さんが同社の代表取締役に就任。様々な苦労はありますが、「お客様の思いをカタチにする”印刷”の世界の奥深さに惹かれ、日々楽しんでお仕事をされている」そうです。

スポンサードリンク

 

 

(株)タカダ印刷の代表的な製品ジャンルといえば、美術作家さんたちの作品集。「印刷は文化」という創業者の理念は今でも受け継がれ、常に技術や提案力をアップデートすることで、依頼する作家さんたちの期待に応え続けています。

美術、作品集など

最近力を入れているのが、こうしたポストカード。東京の大手文具店などで取り扱いが進んでいます。

箔押し印刷ポストカード

©︎ 7 days cards designed by Yayoi Fujiwara

これらポストカードには、「箔押し機」による箔押し技術が活用されています。ゴールドやシルバーなどの光沢が、ワンポイント施されています。

f:id:kuon-manage:20170720081806j:plain

©︎ 7 days cards designed by Yayoi Fujiwara

工場も見学させていただきました。一番奥にあったは、4色のオフセット印刷機。

「オフセット印刷」は、現在の印刷業界では主流となっている印刷方式で、大量の印刷物を、速く・美しく仕上げるのに最適な方法です。

オフセット印刷機

工場の手前には、6年前に導入したというドイツのハイデルベルク社製の箔押し機がありました。見ての通りアナログ感いっぱいというかアナログ機械そのもので、印刷箇所に一枚一枚ペタペタと箔が貼られていきます。

箔押し印刷機

その後、印刷ズレがないかルーペでチェック。こうした工程をおろそかにしないことが、お客様の信頼につながっているのですね。

箔押しチェック

「箔押し機」を保有していない時代は、外注で箔押しを対応していたそうですが、設備導入後は箔押し技術・ノウハウを自社で蓄積できるようになったうえ、実際にお客様に確認いただきながらこまかな調整することも可能となったとのこと。

さらに3年前には、「活版印刷機」も導入!「活版印刷」はご存知の通り、グーテンベルクが発明した印刷技術の原点です。

ちなみにこちらの機械もドイツのハイデルベルク社製とのこと。

活版印刷機

工場の外には、「活版」が設置されていました。このように、大量・スピード印刷に優れるオフセット印刷から、箔押し印刷、さらには活版印刷まで自社工場内で対応できることが、同社の強みとなっています。

活版

と同時に、「活版印刷」の時代から受け継がれる「印刷を通じた文化の発信」の精神を、今なお大切に持ち続けていることが、同社がお客様に信頼され続けている秘訣であると、今回改めて感じました。

本業と並行して高田さんが力を入れていることとして、『NPO法人ひまわりノート』の活動があります。 

ひまわりノート

出典:「NPO法人ひまわりノート」公式サイト

『NPO法人ひまわりノート』は、高田さんを含む印刷関連業者が立ち上げた団体で、同団体が製造したノートの価格の一部が「子どもの教育支援」のため寄付されます。

ノートを買って下さった方の寄付金は、NPO法人ひまわりノートが責任を持って各種団体へお届けさせて頂きます。

(中略)

現在は、東日本大震災で被災し、震災孤児となった子どもたちの教育支援の為に『あしなが育英会』へ寄付しています。
その他にも、WFP国連世界食糧計画の『学校給食プログラム』への給食費としての寄付を同時に行っています。

出典:「NPO法人ひまわりノート」公式サイト

こちらの活動は、もちろん社会貢献という意味合いもありますが、日ごろ「受け身」になりがちな印刷業者が自ら商品を開発・販売することで、自分たちの技術や提案力を高めていこう、という狙いもあるそうです。

デジタル化の進行で印刷業を取り巻く環境は、今後も厳しくなることが予想されます。そんな中でも、「紙であってよかったね」と言われるものだけ、淘汰されずに残っていくと、高田さんは信じています。「紙だからこそ」、「印刷だからこそ」できる素敵な製品を、これからもお客様とともに産み出していただけることでしょう!

Copyright © Gifu-bito All Rights Reserved