週刊WEBマガジン岐阜人(ぎふびと)

岐阜人(ぎふびと)は、岐阜県のチャレンジし続ける中小企業経営者を紹介する週刊WEBマガジンです。

【Vol.11】ひのき畳ベッドやユニット畳を通じて”ひのきライフ”を提供したい!~飛騨フォレスト株式会社(下呂市)今井康徳さん~

スポンサードリンク

第11回となる『岐阜人(ぎふびと)』は、”ひのきチップ”を活用した畳のベッドや家具を製造販売する、飛騨フォレスト株式会社の今井康徳(いまいやすのり)さん。

飛騨フォレスト今井康徳さん

同社の製造する畳には、畳床の素材として檜(ひのき)のチップが用いられています。

檜チップを用いた「ひのき畳」は、今井さんのお父さんにあたる先代社長が「地元で生産される東濃檜の間伐材をどうにか活用できないか」と考え、苦労の末に開発に成功した同社独自の製品です。

スポンサードリンク

 

しかし畳の需要がどんどんと減少していく中、割高な「ひのき畳」は思うように売れません。先代社長が「ひのき畳」の販売に苦労している中、オーダー家具メーカー勤務を経て帰ってきた今井さんが、家具製造の経験を活かして「畳ベッド」を開発。

これが畳のない居住空間に住む都心部の人たちのニーズにピタッとはまり、インターネット通販を中心に売上を伸ばして行きます。

同社工場の奥には、ショールームが整備されていました。こちらでは、畳ベッドやユニット畳など、様々な「畳家具」を実際に見ることができます。

f:id:kuon-manage:20170624221540j:plain

製造現場も見せていただきました。お客様の要望に応じ、サイズはもちろんのこと、形状や機能など細かな要望に対応しています。

製造現場

こちらは畳ベットの下に3つの空間を設け、3名分の収納場所を確保!

納品先を聞かせていただいたところ、とある消防署からの注文とのこと。

オーダーメイド製造

同社のブログからは、納入先現場の画像を多数見ることが可能です。

下の画像のように、入り組んだ形状であっても対応していただけます!

現場設置例

写真提供:飛騨フォレスト株式会社

多くのお客様は、ベッドなどの家具を注文する際には、やはり実物を確認したいもの!

そこで同社では、数年前から東京や神戸など都心部で一般顧客向けの展示会を開催しています。

今までネット上だけでは購入を躊躇していたお客様の多くが、展示会で実物を見ることで、また実際につくり手と会って話をすることで、安心して購入していただいているとのこと。

さらに、これら展示会で好評であったことが展示会会場の方の目にとまることとなり、今では東京(新宿OZONE)と神戸の芦屋での常設展示が実現しています。

新宿OZONE

写真提供:飛騨フォレスト株式会社

最近今井さんが力を入れていることは、「もっとヒノキなど木材を身近に感じてもらいたい」、という思いから始まったワークショップの開催です。

首都圏での展示・相談会の開催に合わせ、木製スツールをつくるワークショップも同時開催。3日間の展示会期間のうち、2日目で予定人数に達してしまったほど人気だったそうです。

ワークショップ

写真提供:飛騨フォレスト株式会社

今後も、「ひのき畳」を使った家具の製造販売に加え、「ひのきの香りに包まれた健康生活」の提供に向け、様々な取り組みを企画しているということで、楽しみにしたいですね!

 ↓飛騨フォレスト株式会社の公式サイトはこちら!

www.hida-f.co.jp

 

Copyright © Gifu-bito All Rights Reserved